人生の3分の1を過ごす布団を賢く選ぶ

Home » 人生の3分の1を過ごす布団を賢く選ぶ

人の人生の3分の1ほどが睡眠時間です。それだけ長い時間を布団の中で過ごしているということになります。よって、それなりの価格の物に投資をしても決して贅沢とは言えないのです。快適な眠りは健康をももたらすので、慎重に寝具を選ぶことは、重要です。布団は掛け、敷き、肌布団が主な構成要素になっています。それぞれが機能的に働いてこそ快適な睡眠を得られますから、安易にセットを買うよりも、パーツ事に選択するほうが、満足感を得られる可能性が高まります。


まず掛け布団ですが、主な素材として、羽毛、綿があります。最近では軽さと通気性の良さから羽毛が人気です。ですが、中に入っている羽毛にはいろいろな種類があるので注意が必要です。まず含まれている羽毛のうちダウンとフェザーの割合がどれだけかをチェックします。軽さはもちろんのことダウンは保温力が高いのが特徴です。冬でも部屋を暖房せずに寝る人にとっては、暖かさが最優先となりますから、ダウンの混合率が高い品物を選べばいいでしょう。綿も捨てがたい魅力があります。暖かさを求めるために厚いものを求めると、かなりの重量があります。しかし柔らかいものであれば、体にフィットして熱を逃がしません。逆に重量感が心地よさをもたらすこともあります。また布団を干したあとの快感は綿ならではのものです。湿気が完全に一掃され、まるで日だまりにいるような感覚を得られるのは綿ならではです。


綿の布団は長い期間使うと、つぶれてしまうという欠点がありますが、天然の綿であれば打ち直すことによって、新品と変わらない弾力と保温性を取り戻すことができます。非常にエコロジーな商品であると言えるのです。寝室の冷暖房をするかしないかなど、睡眠の環境は人それぞれですから、それに合わせた商品を選ぶのが快適な環境を得られる上でのポイントとなります。敷き布団も重要です。主にどれだけの反発力があるかが、選ぶ際のポイントとなります。低反発を謳っている商品の特徴は、体が包まれるような感覚になるのが特徴です。暖かさはもちろん、包み込まれるような感覚が持ち味です。しかし半面、夏になると通気性が悪く、寝苦しい商品もありますから注意が必要です。また、体が沈み込みすぎて、腰など重量のある部位に負担がかかりすぎるという欠点も指摘されています。逆に高反発の商品は、包まれるような感覚ではなく、体が沈まないようになっています。腰痛の持病がある場合には、体に優しい素材と言えます。