布団を長持ちさせる方法

Home » 布団を長持ちさせる方法

現代では多機能のベッドがとても流出しています。それでも日本人は布団が恋しいものです。干したての布団のふかふか感や太陽の匂いは、1日の疲れが飛ぶように気持ちがいいものです。しかしいい布団というものは少しお値段がはります。高いお金を出して買った布団はいつまでも長持ちさせたいです。布団は長時間室内で敷きっぱなしにすると、湿気が溜まりすぐにだめになってしまいます。綿の場合は、週に2回。3~4時間程度。合繊の場合は、週に1回。


2~3時間程度。羊毛の場合は、月に2回。こちらは陰干しで2時間程度。羽毛の場合は、月に1回。こちらも陰干しで、夏は30分程度。冬は1時間程度。このように素材によって最適な頻度と時間があります。また干す場合は、湿度が低く、風通しのいい晴れた日がベストです。これをするだけで持ちはぐんとあがるのではないでしょうか。次に、干した場合、思わず叩きたくなります。しかし叩くのはよろしくないです。なぜなら、これは中の素材を傷めるだけなのです。そして目には見えませんが、長時間敷かれた布団にはダニが存在しています。ダニは日光に当てることで死滅します。叩いたところでダニは出て行きません。むしろダニの死骸がとどまってしまいます。ではほこりやダニを叩かずにどう除去するのかというと、手やブラシで表面を払います。そしてノズルのついた掃除機で吸い取るのが1番効果的なのです。


家の家事を主にやっている女性の方も、今の世の中では働く女性がほとんどです。長持ちはさせたいけど、忙しくてどうしても干せない場合があります。そういう方はこのような方法もあります。毎日めくって湿気を放出しましょう。これは最低限やることで、ずいぶん違うはずです。次に、干さなくていいものを買うのも一つの方法です。乾燥機などをうまく使うこともいいです。今は家電量販店やネットでも簡単に手に入るのではないでしょうか。次に、丸洗いクリーニングという方法もあります。丸洗いというと業者に頼むしかありませんが、ダニやいやなにおいが消え、ふわっと新品のような仕上がりになります。持って行くのが面倒と思いますが、今はネットで宅配サービス等があるのでとても便利です。布団を普段干している人も、定期的に季節の変わり目等に丸洗いクリーニングをして染みついた汗を洗い流してきれいな状態を保ちたいものです。また保管場所も窓やふすまを開け、適度に換気をし乾燥させましょう。