布団についたカビの取り方について

Home » 布団についたカビの取り方について

布団は毎日使うものですので常に清潔で衛生的に使いたいものです。しかし、湿った場所に置いておくとカビがはえしてまう事もあります。もし布団にカビが付いたらどうしたら良いのか。付いたばかりのカビの場合は、普通に洗うだけでも十分落とす事が可能です。しかし、頑固なカビなってくるとなかなか落ちない場合があります。漂白剤で洗浄した後、すすいでから洗剤で洗う事によって除菌する事は可能ですが、カビの跡を綺麗に消す事は非常に困難になってきます。


もしカビの後がどうしても気になってしまうようなら、新しい布団を購入するしかないのです。カビは、一度付いてしまうと跡まで綺麗に落とす事は難しいため、日頃からカビがはえないようにいろいろな対策を考えるべきなのです。カビがはえたらか落とすのではなく、カビがはえないようにする方法をよく考える事が大事なのです。そもそもカビは、湿気の多いところを好みます。そのため湿気の多い部屋だと布団にカビが付きやすい傾向があるのです。湿気の多い部屋の場合は、部屋に除湿機を置いたり定期的に布団を干したりする事によってカビを防止することができます。干す場合は、天気の良い日の日中に干してください。日の出ていない時に干しても全く意味がありません。干している時は、何もせずに干してください。よく叩く人がいますが叩く行為は、傷めるだけですので絶対にやらないようにしてください。


叩く時に出てくる飛散物は、ダニの死骸やホコリと思われがちですが、実は中身の綿がちぎれたものなのです。そのため叩いても全く意味がなくただ単に傷めるだけの行為と言うことになってしまいます。干すことはダニ対策に大きな効果がありますが、流石に毎日布団を干すわけにもいかないので干せない時は、市販されている布団乾燥機と呼ばれるものがあるのでそういった機械を利用する事によって湿気を大幅に無くす事が出来ますのでカビの被害を抑える事が可能になります。朝起きて片付ける時押入れに入れるところがほとんどだと思いますが、押入れも湿気が多くなりやすい場所と言えます。もし押入れの湿気が多いと判断した場合は、市販されている湿気取りを利用したり、押入れの扉をあけたりすると湿気を抑える事が可能です。しっかりとした湿気対策をとっていればカビの発生を大きく抑える事が可能になるのです。カビで悩んでいる場合は、湿気を抑える対策をしっかりとするとカビも抑える事が可能になるのです。